Apple Watchは贅沢品?それとも必需品?

ガジェット

元々時計をはめる習慣がなく、スマホで時間が見れるのでスマートウォッチなんて不要です。そもそも高いですしね。まさに贅沢品です。

Moto 360

スマートウォッチなんてスマホ以上の性能があるわけでもなく、たいして興味がなかったのですが、デザインが丸型で本物の時計っぽい仕上がりになっていてカッコイイと思ってメルカリでモトローラ製のMoto360を購入。2016年当時、新品だと$249.99、中古品で¥13,000と当時では少し高いかと思ってましたが、今思うとかなりリーズナブル。もし使い物にならなかったとしてもまたメリカリで売ればいいので、無駄な損失は抑えられます。

Moto360はAndroid WareというOSで、最新iPhone+最新のiOS+最新AndroidWareであればペアリングできるのですが、Moto360側のOSが古かったため、ペアリングもセットアップもバージョンアップもできませんでした。Androidスマホは持っていないので、知り合いに頼んでAndroidスマホを借りてOSバージョンアップ後にiPhoneとペアリングをしました。

1週間程使ってみたのですが、動作がかなりもっさりしていて、個体差なのかバッテリーの持ちも良くなくて、思っていたのとちょっと違いました。デザインが良かっただけに大変残念ですがお別れです。まだ当時は人気があったので、¥15,000で売れて損失なしどころか¥2,000の利益が出ました。ラッキー♪ 今見てもデザインはApple Watchよりも良いと思っています。

(写真:Amazon
あれから6年全く情報を取りに行ってなかったのですが、2020年にMoto360 3rdが販売されてるんですね。相変わらずカッコイイです。しかも価格もApple Watchより安くて、ベルトも2本ついてて、しかもほぼ1stから変わってない! うわぁ〜欲しい〜! 本田圭佑選手みたいに両腕にする?!

特価情報入手!

2016/9にApple Watch2が販売された際に、旧モデルが特価で限定販売されているとの情報を入手。但し、都会での話です。こんなド田舎ではそんなウマイ話はまずないです。

駄目元ですが、土曜日の朝7時に近くのソフトバンクショップに行きました。誰かいるかと思って心配していたのですが一番乗りでした。公式情報ではなかったので知らない人がほとんどだったのでしょうね。車で待つ事3時間。開店30分程前になってようやく他の車が1台入ってきたので、慌てて外に出て並びました。

在庫があるのかないのか分からない状況のまま開店時間になり、店員さんに初期モデルの在庫を確認して貰ったところ、まさかの1台だけあるとのこと! ラッキ〜〜〜!!! 朝早くから待った甲斐がありました。

どんな種類なのかも理解してなかったのですが、家に戻ってから調べてみると、
Apple Watch リンクブレスレット 42mm Silver MJ472J/A :¥119,800!!!
本体はステンレス製で、リンクブレスレットだけでも当時は¥45,800(現在は値下げしてるようですが、それでもまだ¥35,800もしてます。)
普通だったら絶対に買わないですが、購入金額は確か¥10,000(税抜き)だったと思います。宝くじに当たった気分です!
・・・価格ドットコムさん等を見てみると¥69,800と言う記載が多いです。でも上記価格の記載も一部で見られます。実際当時AppleのHPの一覧にも上記価格の記載があり、思い出の証拠としてスクショを少し前まで残してあったのですが、削除してしまったようで見当たりませんでした。まぁ7万円だったとしてもお得なのは間違いないのですけどね。

その後は、もちろん新品は高くて買えないのでメルカリの中古品で少しずつアップグレードしていって、Series3 42mm NIKE+ GPS+Celler(2018/11購入) →  Series4 44mm GPS A1978(2019/7購入)の3代目を現在も使っています。

贅沢ではなくて便利

最初は贅沢品だと思っていたのですが、どんどん機能がアップして便利さが増していき、今ではなくてはならない物になりました。便利な機能は沢山あって挙げたらキリがないですが、

  • 時計が見れる。まぁ時計なので当たり前ですが。但し、Series5以前のモデルなので常時点灯ではなく、少しタイムラグがあるのは否めません。
  • メールやLINEなどは、iPhoneを取り出さなくても内容が確認可能(簡易的な返信も可能)これがかなり便利。一番使う機能かも。
  • iPhoneから離れ過ぎた時に通知してくれる。これに一度助けられました。これがなかったら大変なことになってたかも。
  • iPhoneを探せる。クリックするだけでiPhoneから音と光を出せるので置き忘れたiPhoneを見つけ易いです。
  • マナーモードを設定できる。
  • 通知をバイブでお知らせしてくれる。会議中とかでも手元で感じてすぐメール等確認できるので便利です。
  • 簡易的な懐中電灯になる。これはiPhoneでもできるでしょ?って思われるかも知れませんが、iPhoneだと片手がふさがりますが、Apple Watchなら両手が使えます。
  • 一部のアプリ操作が可能。例えばスマートリモコンの操作ができたりします。
  • 時計のフェイスや壁紙を変えられる。カスタムも可能。ミッキーの文字盤も可愛いくて、タップするとミッキーの声でおはよう〜って時間を教えてくれます♪
  • Suicaを登録できるのでかざすだけで改札を通れる。iPhone出さなくても良いところがスマートです。Apple Watchは左手につけてますが、改札は右側なので腕をクロスしないといけない点はノンスマートです。
  • 心電図が測定できる。日本は海外よりスピード感がなく、適用になるのに時間が掛かりました。
  • Apple Payでキャッシュカードのタッチサービスが利用できる。
  • PayPayも可能(QRコードの読み取りは不可)
  • AirPodsの音量操作ができる。ランニング中に便利です。
  • 3年経過してもバッテリーは1日持つ。朝早いので、残業で遅くなるとちょっと厳しい感じです。毎日充電は面倒かと思っていたのですが、お風呂に入っている時だけ外して、その間に充電してるので全然苦にはならないです。以前は寝ている間も外していたのですが、就寝中の脈拍や睡眠度合いを測定できるので、寝ている間もつけるようにしています。
  • ベルトが色々なものに交換できる。一番お気に入りはリンクブレスレットですが、カラフルなゴム製や皮製にも交換可能。外すボタンが少し硬いので、もう少し楽だと嬉しいです。
  • iPhoneが圏内にあれば電話もできる。(Celler内蔵タイプなら単体で可能) ※後述します!
  • Macのロック解除ができる。これも超便利です。新しいMacだと指紋認証ありますが、古い機種なので。
  • マスクをしていてもiPhoneのロック解除ができる。(最新OSであればなくても可能)
  • 運動量を計測してくれる。
  • 心拍数を定期的に測定してくれて健康管理ができる。
  • GoogleMapで道順案内中にバイブと表示で教えてくれる。
  • YouTubeを単体で視聴できる。最近リリースされた無料(※現時点)のWatchTubeで見れるんです! 音もApple Watchから出るんですよ。TV電話みたいでちょっと感動です。動画再生まではもっさりしてますが、再生始まったら止まるようなことはないです。
  • iPhoneのカメラの遠隔シャッターになる。
  • Siriでタイマー起動したり、タスクを追加したりできる。
  • 画面を指2本で押さえると時間を喋って教えてくれる。これが意外と便利で、夜中にふと起きることがあるんですが目が開かないのと、目を開けるともっと目覚める気がして開けたくありません。そんな時、目をつむったままでも音声で時間を聴けるので便利なんです。

これだけでも一部の機能です。私にとっては99点の完成度ですすが、欲を言わせて貰うとしたら、体温測定機能とカメラ機能とやはりバッテリーでしょうか。そんなに苦ではないですが、アナログ腕時計のように自己発電とかやエコドライブのように光発電してチャージしてくれると100点満点です。

便利なだけじゃない 緊急事態に活躍

Series4以降ですが、転倒検出すると、メッセージを表示した後に1分間反応がない場合、緊急連絡先に自動で連絡する機能があります。年齢設定で55歳以上は自動でONになるようですが、それ以外の場合は手動でONに設定する必要があるようです。(※18歳以上)
※位置情報通知は、アメリカだけのサービスのようです。

私もこの設定は有効にしてあって、意図的ではないのですがベットに勢いよく飛び込んだ時に転倒検出機能が作動して慌ててボタンを押してキャンセルした事があります。
他の方が実証用としてベットに何回も倒れて試したけど反応しないという動画を見たのですが、watchOS 8.1(2021/10/26)で検出アルゴリズムが大幅アップデートされていて、「ワークアウト中の転倒を検出するアルゴリズムを強化」したようです。私が経験したのは確実にそれより前でしたね。

着用者が動けない状態だと認識した場合の Apple Watch の反応
1 分間なんの動きもないことを検知した場合は、30 秒のカウントダウンが始まり、その間、着用者の手首を叩き続け、警告音を鳴らします。警告音は徐々に大きくなるので、近くに誰かいれば気づいてもらえます。緊急通報サービスに電話したくない場合は、「キャンセル」をタップしてください。ウントダウンが終わると、自動的に緊急通報サービスに電話がかかります。 電話がつながると、Apple Watch で着用者の転倒が検知されたことを知らせる音声メッセージが再生され、着用者の現在地 (緯度経度座標) が緊急通報サービスに伝えられます。メディカル ID で「緊急電話中に共有」設定を前もって有効にしていた場合は、メディカル ID も自動的に緊急通報サービスに通知されます。メッセージが 1 回目に再生されるときは最大音量で再生されますが、その後は、着用者本人やその近くにいる人が、応答してくれた人と対話できるように音量が下がります。「録音メッセージを停止」をタップするか、電話を切るまで、メッセージは再生され続けます

https://support.apple.com/ja-jp/HT208944

また立っている時間や歩数や脈拍を定期的に測定していて、消費カロリーを見れたり、脈拍が設定した範囲を超えた場合にも危険を知らせる機能があり(少し低すぎる設定にしていたら夜中に脈拍が下がった時に通知があって起きたことがあります。)、半年に1回程ずつですが海外のニュースでApple Watchで命が助かったという報告を見かけます。
「Apple Watchが私の命を救った」–5人が語る体験

日本国内で同様の報告を見かけないのは残念です。身の回りでもApple Watchをつけている人がかなり増えてるので、何かしらはあると思うのですが。若い人が多いからですかね。
というのも。。。実は私もApple Watchに救って貰った一人なのです。しかも2回も。

肌身離さずつけていて良かった

1回目はコロナワクチン接種後の副反応だと思うのですが、2日目にお腹が少し痛くなってトイレに行ったのですが、どんどんお腹が痛くなるのに全然出なくて。そのうち冷や汗が出てきて、お腹の痛みも増してきました。ワクチンの副反応で発熱もあったようで、もう頭からも顔からも全身から汗が急激に噴き出してきて服も全部脱ぎ捨てたのですが、床には垂れた汗でコップ1杯分の水をこぼしたかのように水浸しになってました。こんな症状は初めてで、ただ事ではないと感じました。

過呼吸のせいもあって呼吸も苦しくなり、力が入らなくなってしまい、座っていることもままならない状態でした。もう声を出して助けを呼ぶ気力も体力も失っていて、意識もモウロウとしてきて、このまま一人で倒れてしまうのか。。。

その時にApple Watchがある事に気がつきました。裸姿にApple Watchのみでちょっと間抜けですが。GPS版なので単体では電話はできないのですが、部屋に置いていたiPhoneとBluetoothかWiFiで繋がっていたようで、遠隔で電話を掛けることができました。
「トイレきて。。。」最後の力を振り絞ってその言葉を伝えるだけで精一杯でしたが、家族が来てくれました。まさかこんな事になっているとは思ってなかったようで驚いてました。自分の力では立つこともできず、かかえて貰いながらトイレから担ぎ出されてそのままベットの上に倒れ込みました。しばらく呼吸が苦しいのが続いていたのですが、横になってアイスノンで冷やされたので、38度程あった熱も徐々に下がっていき、憔悴と安心で寝てしまったのですが、数時間後には何もなかったかのように元気になっていました。あれは一体何だったのか。。。それからワクチン後には気を遣うようにしています。

普通トイレに行く時は普通手ぶらで行くと思いますが、お風呂以外は寝る時もApple Watchを付けていたお陰で助かったのですが、もしあのまま脱水症状で一人で数分いたら本当に危なかったと思います。Apple Watch様様です。

悪夢再び・・・

あれから1年後の今年、少しコロナも落ち着いてきたので半年ぶりに知り合いと飲みに行きました。帰宅の際に少しお腹が痛くなってきて、家に着いてすぐにトイレに駆け込んだのですが、お腹が痛いのに全然出ないんです。全く出ないのでどんどん苦しくなってきて冷や汗と過呼吸が。
前回と似た症状で過呼吸になると意識が薄れていくのは経験していたので、口を押さえて過呼吸対策したのですが、お腹が痛過ぎてそれだけで気が遠くなっていきました。今回は吐き気もあったのですが、これも出ずに余計に苦しかったです。

もしかしてコロナに感染?と思ったのですが、出掛けていたのは3時間程で仮に感染したとしてもこんなに短時間で症状が出るはずないのにとも思いながら、症状は前回と全く同じ。外食はラーメンとビールと焼肉だったのですが、焼き不足で肉が半生だったのかも知れません。(後で同席した知り合いに確認したのですが私だけの症状でした。)

トイレに入る前にズボンを脱いでしまいiPhoneはズボンの中ですが、手元には守護神Apple Watch。家族はお風呂に入ってましたが、Bluetoothスピーカをお風呂に持ち込んでiPhoneの曲を聴いていたので、iPhoneに掛けた電話をお風呂のスピーカで着信して貰えましたが、こちらはもう声が出せないまでの状態になってました。

前回よりも苦しく何の反応もできなかったので初めて救急車を呼ぶ事態に。。。
救急隊員の方が来られて、おそらく担架に乗せられたのだと思いますが、苦しくて目を開けることも会話をすることもできず、問いかけに対しては少しだけ首を動かすだけ。

病院について診察室?に入って、採血したり、点滴?されたりしてたのだと思うのですが、痛さを我慢するのに目をつむって、歯を食いしばっていたので声も出ない。トイレからはパンツ1枚で担ぎ出されたのですが、診察室はクーラーがガンガンに効いていてかなり寒くてずっと体が震えていました。

先生や看護婦さん達の声はかすかに聞こえていて、CTやレントゲンを撮ったりと色々と検査をして貰ってましたが、お腹も痛過ぎて、体に変な力が入ってしまい硬直して全く反応ができず。
ドラマで見たことあるように目を無理やり開けられてペンライトで瞳孔を確認されたり、乳首をちぎれる位おもいっきり摘まれて反応するか確認されたのですが、体が硬直してしまって声も出せないし、痛くて目も開けられない状態でした。この乳首つねるのがお腹痛いのと同じ位痛くて痛くて、それも2回もされて、乳首ちぎれるかと思いました。

色々と精密検査をしていただいたのですが原因は不明みたいで、今まで入院なんてしたことなくて、診察台に乗せらせて、こんなに痛くて、意識もどんどん薄れていって、瞳孔も見られるなんて、これで人生終わっちゃうのかと初めて最期を感じました。

後でApple Watchの脈拍履歴を確認したのですが、下は41、上は131でした。上はそんなに上がってなかったですが、下が結構低かったんですね。その時に乳首摘まれたんですかね。。。

どの位経ったのか覚えていないのにですが、少しだけ出そうだったのでトイレまで車椅子で運んで貰って、下痢の症状で何とか出たのですが、看護婦さんと家族が目の前にいる状態でトイレをするのは緊急事態とは言え、かなり恥ずかしかったです。その後部屋に戻ったのですが、今度は吐き気が急にやってきて、お昼と夜に食べた全てをもどしました。過去一番に大量にもどして、全て出し切ったらかなり楽になって、トイレ入ってから数時間ぶりに自分で目を開けることができて、自分の足で立つこともできました。
原因が分からないことには入院はできないようで、体調もかなり回復したのでタクシーで自宅に帰りましたが、もう夜中の2時過ぎでした。先生方や家族には本当に申し訳なかったです。

またしてもApple Watchに助けて貰いました。これは長年Apple信者としてお布施をし続けてきたご加護だと思っています。これからもお布施を続けようかと思います。
(※但し、もう二度と同じような事でお世話にはなりたくないです。特に「乳首つまみ」嫌っ!)

最期にタイトル回収ですが、贅沢品であるのは間違いありませんが、私にとっては必需品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました